USBダウンローダ(LN - 101)

部品の写真

[LN101]

部品用途

USBダウンローダ(LN - 101)は、PCのUSBポートとコントローラの4ピンのポートをシリアル通信で接続するために使用します。

 

[LN - 101とCM - 100コントローラの接続図]

 

[LN - 101とCM - 700コントローラの接続図]

 

 

[ シリアル通信の用途 ]

 

[使用可能なコントローラ ]

USB2Dynamixel通信が不安定の場合は電圧レーベル差であることができます。

連結された装備及びPCがグラウンドと連結されているか確認してください。

 

ドライバのインストールを確認する方法

USBダウンローダ(LN - 101)のドライバがPCに正しくインストールされていることを確認する方法は次のとおりです。

  1. PCのUSBポートUSBダウンローダ(LN - 101)接続します。

     
  2. マウスで[マイコンピュータ] 右クリックをすると表示されるポップアップメニュー管理を選択します。
     
  3. 「デバイスマネージャ」の「ユニバーサルシリアルバスコントローラ」デバイスの一覧から「USB Serial Converter」を確認してください。
     
  4. 「ポート(COM及びLPT)」デバイスの一覧から「USB Serial Port(COMx)」を確認してください。
    (COMポート番号は、システムごとに異なる場合があります。)
    `

 

ドライバの手動インストール

RoboPlusをインストールすると、自動的にFTDI Driver(USB2Dynamixel、USBダウンローダ(LN - 101)ドライバ)がインストールされます。

もしRoboPlusをインストールせず、該当ドライバのインストールまたは、RoboPlusインストールの際に、ドライバが正しくインストールされなかった場合は、以下のような方法でドライバを手動でインストールしてください。

 

  1. PCに装置を接続します。ドライバがインストールされていない場合は、 新しいハードウェアの検索ウィザードの開始の画面が表示されます。
    一覧または特定の場所からインストールする(詳細)(S)  -> 次へ(N)
     
  2. ドライバの場所を指定します。
    RoboPlusをインストールした場合、ドライバはRoboPlusインストールフォルダのLN101フォルダにあります。
    または、最新バージョンのドライバをインストールしようとする場合、FTDI Driver Download ページでVCP Driversの最新版をダウンロードすればいいです。
    Windows 32bit ドライバーインストール
    Windows 64bit ドライバーインストール


     
  3. 次へ(N) をクリックするとインストールが行われ、USB Serial Converterのドライバのインストールが完了します。

     
  4. 同じ方法で、USB Serial Port ドライバもインストールします。

 

関連動画

ポット設定及び設定動画